買いたい・売りたい

買い替えをご検討中の方

買い替えをご検討中の方

購入と売却時期、資金計画のベストなプランをご提案します。

1「売却」と「購入」どちらが先?

「不動産の買い替え」とは、所有不動産を売却し、新たな住まいを購入することです。
重要な検討事項である購入や売却のタイミング、資金計画、また、ご親族との関わりやお考えなどが様々に交錯します。 特に多いご質問は「購入と売却のどちらが先なのか?」というものです。
購入と売却のデメリット、デメリットを理解しながら考えましょう。

売ってから買う

▶▶メリット

・売却価格が購入より先に確定するため、購入資金を工面する計画が立てやすい。
・購入に関わる出費が売却後になるので、売却を急がなくても良い。
・ローン残債がある場合、売却資金の充当によって完済または減債でき、 購入資金として発生するローンとの重複負担を減らせる。

▷▷デメリット

・売却が決まった場合、引き渡し日までに、仮住まいか、早急な物件の購入と転居が必要になってくる。
・売却確定まで購入ができないので、予定していた時期よりも購入が遅れる場合がある。

買ってから売る

▶▶メリット

・仮住まいへの転居が要らないので、そのコストを抑えられ、引っ越しも一度に済むので、転居の負担を軽くできる。
・購入物件の検討を、十分な時間を掛けて行える。
・購入物件へ転居後の売却となり、家具などの無いきれいな状態を見せられるので、売却の早期成約を期待できる。

▷▷デメリット

・購入と売却のタイミングによって二重ローンとなる場合、金融機関によっては、住宅ローンの借入ができない可能性がある。
・売却期間が長引くほど、税金など固定費の出費が発生する。マンションであれば、管理費も必要。

この様に、資金計画と転居までのスケジュールの優先度によって、選択は変わってきます。
いずれを選択する場合でも、お金の動きに合わせた購入、売却のタイミングを把握するよう、
的確な買い替え計画を立てましょう。

2資金計画とスケジュール

購入と売却に必要な資金計画とスケジュールを組むことが、買い替え計画の成功に必要な第一歩です。
一般的な買い替え計画とご自身の計画を比較してみて下さい。

pattern1

売却予定の物件| 中古マンション 2LDK ローン残債有り(1500万円)
買い替えの理由| 子供が増えて部屋が手狭になったため、今より広い戸建物件を探したい

■確実に売却してから物件を購入

確実に売却してから物件を購入

pattern2

売却予定の物件| 中古戸建住宅 3LDK ローン残債有り(500万円)
買い替えの理由| 子供が独立したので、今より狭い駅近のマンションを買いたい

■資金に余裕があるので、購入してから売却

資金に余裕があるので、購入してから売却
アイジー不動産では、買い替えをご検討中のお客様の状況に合わせ、最も合理的な買い替え計画をご提案しております。
どうぞ、お気軽にご相談下さい。